宅地建物取引士(宅建士)の法案が参議院にて可決されました!

本日(2014年6月18日[水]10:12)の、参議院本会議によって宅地建物取引士(宅建士)関係の法案が可決されました。

参議院本会議可決

宅地建物取引業法の一部を改正する法律案
投票数237
賛成237
反対0

宅地建物取引士(宅建士),取引士,参議院,可決

これで1年以内には、宅地建物取引士(宅建士)として仕事ができるようになります。今後は、個人としても不動産業界としても、今まで以上にお客様のため切磋琢磨していかなければなりません。責任も重大になってきます。

 

宅地建物取引士(宅建士)の法律が施行されるまでの間は、宅建主任者ですが、今後は何て呼ぶのか分かりません!?。私は、宅建士宅建士と言っていますが‥‥。「宅建士」「宅建取引士」「取引士」のどれかで定着するんでしょうが。

現状、宅建という言葉が浸透していますので「宅建士」なのかなとも思いますが、そのうち勝手に決まってくるでしょう(笑)

法律施行のタイミングなどはまだ分かっていませんが、研修規定や、資格者証などの変更点含め、分かり次第ホームページ更新していきます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

PAGE-TOP