宅地建物取引士(宅建士)官報公告後はいつから施行されるのか?

先日(6月25日)官報にて宅地建物取引業法の一部を改正する法律が公布されました。宅地建物取引士(宅建士)への名称変更を含む法律の変更点が書かれています。

法律が公布された後施行されないと、効力が発生しないんですが施行日が書いていないのに気付くと思います。いったい、いつから施行なんだと思っていることでしょう。

実際、施行日に関しましては附則にて決められていまして、「公布の日から起算して一年を超えない範囲内において政令で定める日から施行する。」ということだけは決まっています。

具体的日程については、政令で定める日になりますので今の所は来年の6月までの間に新しい法律がスタートするということしか分からないってことです。

しかし、実際は国土交通省内で、現在の宅建主任者全員を無試験で宅地建物取引士(宅建士)に移行させるための名簿の整備や、新試験の設計にめどがついた時点で政令が閣議決定にて決まる見通しになっています。

早ければ今年の試験に間に合うかもしれませんがどうなんでしょうか。また、スケジュールなど分かり次第ホームページに載せときます。

宅地建物取引士(宅建士)早く誕生するのを楽しみにしています。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

PAGE-TOP